自分のコンプレックスを無くす為に美容整形を受けてみたい

乳がんの注意点

乳がん手術で注意する点

現在では、早期の乳がんに対しては乳房を温存する手術がメインとなっています。しかし、乳房を温存するとは言っても、がんができている部分は手術で摘出しなくてはいけないので、人によっては残った乳房の量が少なくなったり、左右のバランスが悪くなってしまうことも十分にあり得ます。 そのような場合、現在では乳がん手術と同時に乳房再建術を行うことも可能になっていますが、手術後しばらくしてから乳房再建術を行うことも可能です。 乳房温存術を受ける場合は、基本的に術後に放射線療法等の治療を継続して受けることが必要になっています。そのため、あとから乳房再建術を希望する場合は、体調を考慮して手術日等を医師としっかり相談して決めることが重要です。

知っておくと良い情報

最近では、乳房再建術に関して健康保険の適用範囲が拡大し、少ない経済的負担で手術が受けられるようになっています。 乳房再建術に関しては、自分の組織を用いて乳房を再建する方法と人工の乳房を再建する方法があります。 自分の組織を用いた場合は全て健康保険が適用になりますが、お腹や背中などから組織を移植するので傷跡は残ってしまいます。自分の組織なので合併症等のリスクは少ないですが、傷跡が目立つのが嫌な人は人工乳房の方が良いでしょう。 人工乳房の場合は保険適用と適用外がありますが、シリコンなどを入れて乳房を作るので形がきれいで見た目も傷跡が目立ちずらくなっています どのような手術をするのかは医師と良く相談して決めることが大事です。